受験 資格 フリーソフト
過去問題と解答例のダウンロード ■ 資格DEアップ TOP
下水道技術検定
下水道管理技術認定試験
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このエントリーをはてなブックマークに追加
下水道技術検定
下水道管理技術認定試験
参考書のページは、こちらへ
( このページは、過去問のページです )

ダウンロード / 下水道技術検定・
下水道技術認定試験の過去問と解答
下水道技術検定・下水道管理技術認定試験の過去問と解答が、ダウンロードできます。
○ 下水道技術検定 過去問 H24 ○ 下水道技術検定 過去問 H23
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
▼ 下水道管理技術認定試験 の本 ランキングへ
▼ 下水道技術検定 の本 ランキングへ

資格試験 50音から探す
あ行 か行 さ行 た行
下水道管理技術認定試験/下水道技術検定/過去問題と解答速報/おすすめ参考書ランキングと問題集テキスト/試験問題の解答例と勉強法の解説/難易度、合格発表と合格率の試験情報のページです。
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 英数字
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

資格 ジャンルから探す
・ 資格試験支援ツール
【 下水道技術検定試験 出題問題のサンプル 】
・ 医療系・福祉系
平成23年度 第3種 試験問題 抜 粋
・ ビジネス・金融
・ 語学・教育
【 No. 5 】   正解 : 2

次は、下水道法に規定する公共下水道管理者が、公共下水道の供用を開始しようとするときに、公示しなければならない事項について述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.供用を開始すべき年月日
2.供用を開始しようとする排水施設の構造及び能力
3.供用を開始しようとする排水施設の位置
4.供用を開始しようとする排水施設の合流式又は分流式の別

【 No. 12 】   正解 : 3

次は、嫌気好気活性汚泥法の反応タンクの管理について述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.好気タンクでは、溶存酸素が不足しないよう好気タンク末端にDO計を設置し、溶存酸素
  濃度の管理を行う。
2.嫌気タンクの嫌気状態の程度はORPを測定し判断することができる。
3.ASRTの短期化により硝化が進行するようMLSSを設定する。
4.通常運転時における汚泥返送比は30〜50%程度とする。

【 No. 21 】   正解 : 3

次は、消化ガスの管理について述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.湿式脱硫装置には、水洗浄式、アルカリ洗浄式及び薬液再生式がある。
2.ガスホルダには、有水式と無水式とがあり、有水式は水で、無水式はゴムなどのシール
  で消化ガスを遮断する。
3.余剰ガス燃焼装置は、消化タンク加温用の熱源として消化ガスを燃焼させるものである。
4.乾式脱硫装置の一つである成形脱硫剤式は、鉄粉、粘土等でペレット状にした成形脱
  硫剤を塔内に充てんし消化ガスと接触させるものである。

【 No. 39 】   正解 : 4

次は、オキシデーションディッチ法について述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.水理学的滞留時間(HRT)が長いため、流量変動、水質変動及び水温の変化による処理水
  への影響が少なく、安定した処理が期待できる。
2.余剰汚泥発生量は、流入SS量のおおむね75%程度として算定し管理される。
3.低負荷運転条件で処理するため、年間を通して通常、硝化反応が進行する。
4.最終沈殿池の水面積負荷は、20〜30?/(u・d)を標準とする。
・ 公務員系
・ 技術系
・ ガテン系
・ 環境・建築・不動産
・ 情報処理系
・ 生活食品・旅行交通
スポンサーリンク
【 No. 42 】   正解 : 3

次は、電力用コンデンサについて述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.進相作用によって力率の改善を行わせるものである。
2.外箱のさび、油漏れ、異常音等に注意し、ブッシングなどは定期的に清掃する。
3.点検及び手入れを行う場合は、完全に充電されているかどうかを確認したのちに行う。
4.高調波の影響が予測される場合は、電力用コンデンサにリアクトルが設置されていること
  を確認する。

【 No. 49 】   正解 : 1

次は、高圧洗浄車や強力吸引車を使用した管きょ施設の高圧洗浄車清掃について述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.清掃作業は、清掃する区間の上流側マンホールから下流に向かって高圧ホースを挿入
  し、高圧水を噴射させ、推進及び引戻しを反復して、土砂等をマンホールまで引き出す。
2.洗浄水で押された管きょ内の空気がトイレの封水を噴出させることがあるので、小口径管
  きょ、たるみのある管きょの作業ではますのふたを開ける。
3.強力吸引車は空気とともに土砂等を吸引するが、ある程度の水も一緒に吸引しないと吸引
  ホース内に土砂等が残り、作業の効率が悪くなる。
4.土砂等の運搬に当っては、吸引車の貯留タンク内の汚水を管きょに返水し、水切りを行っ
  てから運搬する。

【 No. 56 】   正解 : 3

次は、停電作業について述べたものです。最も不適当なものはどれですか。
1.作業手順を徹底させるため事前に十分なミーティングを行い、連絡の不徹底によって事故
  を起こさないようにする。
2.電源の切り忘れ等が原因の感電事故も考えられるので、作業前には必ず検電器やテス
  ター等で検電する。
3.負荷の遮断は、遮断器より先に断路器を開く。
4.近接電路の混触等による感電事故も考えられるので、必ず接地してから作業を行う。

【 No. 59 】   正解 : 4

次は、消防法に基づく消防用設備です。最も不適当なものはどれですか。
1.自動火災報知設備
2.スプリンクラー設備
3.誘導灯
4.非常用照明
………………………………………………………………………………………………………
− END −