受験 資格 フリーソフト
過去問題と解答例のダウンロード ■ 資格DEアップ TOP
情報検定 J検
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このエントリーをはてなブックマークに追加
情報検定 J検 参考書のページは、こちらへ
( このページは、過去問のページです )

ダウンロード / 情報検定 J検の過去問と解答
情報検定 J検の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。
○ 情報検定 J検 問題と解答
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
▼ 情報検定 の本 ランキングへ

資格試験 50音から探す
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
情報検定 J検/過去問題と解答速報/おすすめ参考書ランキングと問題集テキスト/試験問題の解答例と勉強法の解説/難易度、合格発表と合格率の試験情報のページです。
ら行 わ行 英数字
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

資格 ジャンルから探す
・ 資格試験支援ツール
【 情報検定 J検 出題問題のサンプル 】
・ 医療系・福祉系
平成23年度 試験問題 抜 粋
・ ビジネス・金融
・ 語学・教育
【 No. 1 】

正解  (1):イ  (2):オ  (3):カ  (4):ウ  (5):ア  (6):エ  (7):キ  (8):ア

次のQC7つ道具に関する設問に答えよ。

<設問1> 次のQC7つ道具の説明を読み、適切な字句を解答群から選べ。

(1) 縦軸に値、横軸に項目をとり、値の大きい順に項目別の棒グラフを並べたものと、各項目
  の全体に対する割合を累積した値(累積値)で描いたグラフを合わせたもの。累積値によっ
  て項目の管理方法を分けることで、効率的な管理が行える。

(2) 2つの項目の値を縦軸と横軸にとり、それぞれの値の交差する場所にプロットした図。
  項目間でどのような関係があるのかを把握することができる。

(3) 原料別、時間帯別、年齢別など、得られたデータをある基準をもとに分類すること。
  分類されたデータをグラフ化などすることにより、差異を発見することが可能となる。

(4) データの範囲を適当な区間に分割し、区間ごとの個数を集計した表をもとに棒グラフで表示
  したもの。グラフの中心位置や分布、ばらつきなどから、データを分析することができる。

(5) 確認項目を簡単に検査できるように作成した一覧表。検査をする際に、漏れがないように
  実施したり、点検項目数を把握したりできる。

(6) ある項目の推移を表した折れ線グラフ。上方の限界値(UCL)と下方の限界値(LCL)の
  間を不規則に推移している場合は問題がないと判断する。

(7) 問題や結果と、それに影響を及ぼす事象の関係を矢線で図示したもの。図示することで
  問題や結果を導いた事象の関係を明らかにすることができ、改善すべき対象を特定する
  ことができる。

(1) 〜 (7) の解答群
   ア.チェックシート イ.パレート図    ウ.ヒストグラム エ.管理図
   オ.散布図 カ.層別       キ.特性要因図 ク.系統図法

<設問2>
設問1の(1)の図を使って行う分析方法を(8)の解答群から選べ。

(8) の解答群
   ア.ABC分析 イ.SWOT分析    ウ.マトリクス分析 エ.回帰分析
・ 公務員系
・ 技術系
・ ガテン系
・ 環境・建築・不動産
・ 情報処理系
・ 生活食品・旅行交通
スポンサーリンク
【 No. 2 】

正解  (1):ア  (2):イ  (3):ア  (4):ウ  (5):イ  (6):イ

次のプリンタに関する設問に答えよ。

<設問1>
次のプリンタに関する記述中の ( ) に入るべき適切な字句を解答群から選べ。

コンピュータで作成した情報を紙などに出力する場合、プリンタが使われる。
プリンタの駆動方式については、大きく2つに分けることができる。
一つは、印字するときに衝撃を利用するもので、 (1) 式と呼ばれる。宅配便
の伝票のように、数枚の用紙が重ねてあるものの一番上に印字するだけで、下にある
用紙にも印字できるようなものの出力として用いられる。ここで用いる用紙の裏面に
は、圧力に反応する特殊な塗料やカーボンが塗ってあるため、一番上の用紙で受けた
衝撃を下まで伝えて文字を出力することができる。
もう一つは、印字するときに機械的な衝撃を利用しないもので、 (2) 式と呼
ばれる。インクを噴出して印字する (3) や、静電気で出力するイメージを感光
ドラムに形成し、帯電した場所にトナーを付着させて印字する (4) がある。

(1) ,(2) の解答群
ア.インパクト イ.ノンインパクト ウ.インタレース エ.ノンインタレース

(3) ,(4) の解答群
ア.インクジェットプリンタ イ.サーマルプリンタ ウ.レーザプリンタ エ.昇華型プリンタ

<設問2>
次のカラー印刷に関する記述中の ( ) に入るべき適切な字句を解答群から選べ。

デジタルカメラで撮影した写真を印刷する場合は、カラープリンタを使用する。
カラープリンタは、 (5) と呼ばれる方法で、色の三原色(シアン、マゼンタ、
イエロー)を組合わせて様々な色を表現する。なお、シアン、マゼンタ、イエローの
3つを同じ割合で混ぜ合わせていくと (6) に近づく。

(5) の解答群
ア.加法混色 イ.減法混色   ウ.条件等色   エ.補色

(6) の解答群
ア.白    イ.黒    ウ.緑     エ.青
………………………………………………………………………………………………………
− END −