受験 資格 フリーソフト
過去問題と解答例のダウンロード ■ 資格DEアップ TOP
海事代理士試験
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このエントリーをはてなブックマークに追加
海事代理士試験 参考書のページは、こちらへ
( このページは、過去問のページです )

ダウンロード / 海事代理士試験の過去問と解答
海事代理士試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。
○ 海事代理士試験 問題と解答
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
▼ 海事代理士 の本 つづきへ

資格試験 50音から探す
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
海事代理士試験/過去問題と解答速報/おすすめ参考書ランキングと問題集テキスト/試験問題の解答例と勉強法の解説/合格ラインと難易度、合格発表と合格率の試験情報のページです。
ら行 わ行 英数字
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

資格 ジャンルから探す
・ 資格試験支援ツール
【 海事代理士試験 出題問題のサンプル 】
・ 医療系・福祉系
平成23年度 筆記試験問題 抜 粋
・ ビジネス・金融
・ 語学・教育
商 法

【 No. 2 】   正解 : イ、ウ、エ、オ、ク

法令の規定を参照した次のア〜コのうち正しいものを5つ選び、その記号を解答欄に
記入せよ。
ア.被用者たる船員がその職務を行うにあたり故意または過失によって他人に加えた
  損害については、船舶所有者は当該船員の選任および監督につき無過失を立証でき
  なければ、その賠償の責に任ずる。
イ.荷受人が留保なく運送品を受取り、かつ、運送賃その他の費用を支払った場合に
  は原則として船舶所有者の責任は消滅するが、船舶所有者が悪意である場合はもち
  ろんのこと、運送品に直ちに発見することができない毀損又は一部滅失があった場
  合で荷受人が引渡の日から2週間以内に船舶所有者に対して通知を発出したときは
  船舶所有者の責任は消滅しない。
ウ.内航船に係る船舶所有者は運送契約の趣旨に適合した当該航海を安全になしうる
  能力を備えた船舶を傭船者又は荷送人に提供する義務を負い、当該義務に違反した
  結果生じた損害に対しては賠償する責任を負い、特約によっても免責されない。
エ.共同海損が成立するためには、船舶及び積荷を危険から守る目的で船舶又は積荷
  につき故意かつ異常な処分がなされた場合でなければならない。
オ.全部傭船契約において運送品の一部に不可抗力による滅失が生じた場合には契約
  は当然に終了せず、船舶所有者の負担を加重しない範囲内において傭船者は他の運
  送品を船積できる。
カ.船長は疾病などやむを得ない事由により自ら船舶の指揮をなすことが出来ない場
  合、法令に別段の定めがある場合を除く他、代船長を選任することができるが、こ
  の場合、船長は代船長の選任および監督について船舶所有者に対して責任を負う。
キ.海難救助に係る救助料の請求権は救助の時から、また、共同海損の分担請求権は
  共同海損行為の終了した時から、それぞれ1年の時効で消滅する。ク. 船籍港外
において船舶の修繕に係る費用が4分の3を超える場合には船長は管海
  官庁の認可を得て船舶を競売することができる。
ケ.救助料請求権が発生するにあたっては、船舶又は積荷の全部又は一部が海難に遭
  遇した場合に、義務なくしてこれを救助すれば足り、救助の成功の有無については
  問わない。
コ.旅客が一身上の不可抗力により航海をすることが出来なくなった場合には、船舶
  所有者は運送賃の半額を請求することができ、当該事由が発航後に生じた場合には
  船舶所有者の選択により運送賃の半額又は割合運送賃を請求することができる。
・ 公務員系
・ 技術系
・ ガテン系
・ 環境・建築・不動産
・ 情報処理系
・ 生活食品・旅行交通
船員法

【 No. 2 】   正解 (1) × 、(2) ○ 、(3) × 、(4) × 、(5) ○ 、(6) × 、(7) ○

法令の規定を参照した次の文章のうち正しいものには○を、正しくないものには×を
解答欄に記入せよ。
(1)船舶所有者は、給料その他の報酬、失業手当、送還手当、傷病手当又は行方不明
  手当のうち、その2つ以上をともに支払うべき期間については、いずれか1つを支
  払えばよい。
(2)船員の給料その他の報酬は、船員労働の特殊性に基き、且つ船員の経験、能力及
  び職務の内容に応じて、これを定めなければならない。
(3)船舶所有者が妊産婦の船員に与えるべき休日は、基準労働期間について1週間当
  たり平均1日以上とする。
(4)有給休暇を与うべき時期及び場所については、船長と船員との協議による。
(5)船員、船員になろうとする者、船舶所有者又は船長は、船員又は船員になろうと
  する者の戸籍について、戸籍事務を管掌する者又はその代理者に対し無償で証明を
  請求することができる。
(6)港のみを航行する船舶に乗り組む船員には、船員法が適用される。
(7)船長は、自己の指揮する船舶に急迫した危険があるときは、人命の救助並びに船
  舶及び積荷の救助に必要な手段を尽くさなければならない。
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
− END −